ページの先頭です

奈良県立大学 現代アート展「船/橋わたす」開催のお知らせ

[2017年10月12日]

ID:480

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

奈良県立大学 現代アート展  「船/橋 わたす」を開催します。


会期:    2017年10月23日(月)~10月29日(日)
開場時間:  平日 12時~18時/土日 10時~17時 ※会期中無休
会場:    奈良県立大学 4号館
入場:    無料
主催:    奈良県立大学 地域創造学部 西尾研究室

講演:        チェ・ジョンファ 「現代アートによる空間演出がつなぐもの」
日時:    2017年10月28日(土)16時30分~18時
場所:    奈良県立大学 4号館2階 交流セミナールーム(和室)


奈良県立大学 地域創造学部 西尾研究室では、地域資源を発掘したり、
異質なもの同士をつなぐ現代アートの力に着目した展覧会を開催します。

学生の日頃の研究成果を発表する展示に加えて、
日用品から強烈な色使いとダイナミックな造形で風景を一変させる
韓国を代表する現代アーティストのチェ・ジョンファ、
自撮りの映像を繋ぎ合わせて「アートの本質」を表現する伊東宣明、
日常の事柄からさまざまなシナリオや新話を展開する阿児つばさを招聘作家に迎え、
今後キャンパスの再整備で取り壊しになる、
佐保川に面した4号館を中心に作品展示を展開します。

本学が位置する船橋町は、昭和期に栄えた歴史ある商店街を有していますが、
最寄の油阪駅が1969年に廃止されるに伴い衰退化の歴史を辿りました。
そのため現在では、JR奈良駅からも近鉄奈良駅からも
徒歩圏内に位置する便利な立地にも関わらず、
観光客の多い賑やかな駅周辺や奈良公園、ならまちなどとは趣を異にしています。

展覧会名の「船/橋 わたす」は、船橋町の名にちなんで、
さまざまな価値観をのせた作品という「船」を渡し、異質なもの同士をつなぐための
「橋」を渡すというイメージで名付けられました。
現代アートを通じて、船橋町という「港」に人々が集まり、そして渡っていくように、
本展がこのエリアの新しいプラットフォームになることを目指しています。

※最新情報および会場などの詳細は http://nara-artproject.net にて御確認ください。



奈良県立大学 現代アート展「船/橋わたす」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

奈良県立大学地域交流センター国際交流室

電話: 0742-93-7102

ファックス: 0742-93-7391

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

地域交流センター国際交流室