ページの先頭です

3公立大学連携キックオフ記念シンポジウム(結果報告)

[2016年9月28日]

ID:38

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お知らせ

2016年9月28日 3公立大学連携キックオフ記念シンポジウムを開催致しました

平成28年9月17日(土)、本学で「3公立大学連携キックオフ記念シンポジウム」を開催致しました。
COC/COC+推進室では、宮城大学・兵庫県立大学・本学の担当教員や事務局の方々と連携しながら、本シンポジウムの企画・運営を行いました。
本シンポジウムには、3公立大学関係者だけでなく、他公立大学の教職員、地元の自治体や高等学校、地元の企業や団体等の方々が参加され、参加者は100名にのぼりました。

本シンポジウムでは、奈良県知事の荒井正吾様、公立大学協会事務局長の中田晃様からご挨拶を頂きました。
さらに、文部科学省高等教育局大学振興課課長補佐(併)公立大学専門官の君塚剛様より基調講演を頂き、「地域の学生を教育し、地域に役立つ研究を機動的に行う組織である公立大学が安定的に教育研究活動を行うことは重要である」とご示唆を頂きました。
また、奈良市観光協会専務理事の鷲見哲男様よりご講演を頂き、「大学の強みを地域に提供し、地域と共有した課題を教育・研究の対象とする。さらに、強みを引き出し、協働し、成果を実際に活かすことで、大学と地域が継続的に連携できる」とご知見を頂きました。
そして、学生の取り組み報告では、連携先の砂糖傳増尾商店事業部部長の池本雅人様より、「学生さん達はよく頑張っている。最初はどこまで連携できるか分からなかったが、若いアイディアで新規商品の開発までできた。今後も連携していきたい」とコメントを頂きました。

当日はアンケートを行い、本シンポジウムの講演や学生発表の内容に約90%の方々が“大変分かり易い”・“分かり易い”と回答されました。さらに、本シンポジウムで発表された現在と今後の取り組みの内容に約72%の方々が“非常に期待”・“大いに期待”と回答されました。また、記述欄では取り組みに対する貴重なご意見を頂戴しました。

<ご意見(抜粋)>

  1. 3大学が教員・職員・学生が一丸となり、地域貢献に向けて取り組んでおられることがよく分かりました。今後とも自治体にご協力下さい。
  2. 地域創生という大きな課題の中で、頑張っておられる大学(特に学長)のことを知れて、また、取り組みの中身の一端を知らせていただき期待が持てた。
  3. 様々な観点からの話が聴け、刺激になりました。多くの示唆を頂きました。
  4. それぞれの学長の考え方が素晴らしく、意義ある大局観をいただけました。地方創生のヒントがいろいろありました。ありがとうございました。
  5. 学生さんの取り組みは引き続き推進して頂きたい。可能性を多く含んだ素晴らしい取り組みだと思います。失敗を恐れずにトライすることが必要です。
  6. 学生さんらしさをアイディア化できているようで何よりです。さらにプロと顧客に学んでほしいです。

今後も、3公立大学は連携して地域に根差した大学として、地域連携・地域貢献・地方創生に取り組んで参ります。

【以上】

シンポジウムの様子1

荒井知事のご挨拶

シンポジウムの様子2

公立大学協会中田事務局長のご挨拶

シンポジウムの様子3

文部科学省君塚公立大学専門官の基調講演

シンポジウムの様子4

奈良市観光協会 鷲見専務理事の講演

シンポジウムの様子5

砂糖傳増尾商店 池本部長の取組発表へのコメント

シンポジウムの様子6

3学長による鼎談

シンポジウムの様子7

会場の様子

お問い合わせ

奈良県立大学地域交流センターCOC/COC+推進室

電話: 0742-93-5296

ファックス: 0742-93-7369

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム