ページの先頭です

大和里美准教授

[2017年12月20日]

ID:351

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プロフィール等一覧
担当授業科目観光ビジネス論、ホスピタリティ論
学位創造都市博士(大阪市立大学)、経営学修士(神戸大学)
学歴大阪市立大学大学院創造都市研究科博士後期課程修了
専門分野地域マーケティング、観光マーケティング
所属学会日本都市学会、日本観光研究学会、日本マーケティング学会、日本消費者行動研究学会
E-mail

s-yamato●narapu.ac.jp
メール送信時は、●を@に変換して下さい。

主な研究業績【学位論文】
1.「地域再生に資する観光の満足モデルに関する研究-満足、経験価値、地域イメージ転換の相 互関係の考慮-」、大阪市立大学大学院、2013年3月
【著書】
1.(分担執筆)「テーマパーク-ハウステンボスの再建」、『1からの観光事業論』pp.159-175、2016年3月、碩学舎
2.(単著)『観光の満足と地域イメージ-地域再生の観光マネジメント-』、2013年10月、大阪教育図書
3.(分担執筆)「競争の分析 観光市場の細分化とターゲット設定、ポジショニング」、『観光のマーケティング・マネジメント-ケースで学ぶ観光マーケティングの理論-』、pp.72-84、2011年3月、ジェイティービー能力開発
4.(分担執筆)「インバウンドのマーケティング インバウンド集客活動とホスピタリティ・マネジメント」、『観光のマーケティング・マネジメント-ケースで学ぶ観光マーケティングの理論-』、pp.206-218、2011年3月、ジェイティービー能力開発
5.(分担執筆)「テーマパーク-思い出に残る感動の演出」、『1からの観光』、pp.65-81、2010年3月、碩学舎
6.(共著)『コンピュータの基礎と実践-起業家のための経営演習』、pp.110-204、1997年5月、晃洋書房
【研究論文】
[審査論文]
1.(単著)「名古屋・長者町のまちづくりと価値創造」、『日本都市学会年報』第48号、pp.31-40、平成27年5月、日本都市学会
2.(単著)「来訪者の満足、期待・不一致、地域イメージ変化に関する考察-豊島のアート観光を事例として-」、『総合観光研究』第10号、pp.47-56、2011年11月、総合観光学会
3.(単著)「豊島におけるアート観光の展開と地域イメージ」、『観光・余暇関係諸学会共同大会学術論文集』第3号、pp.93-100、2011年9月、観光・余暇関係諸学会
4.(単著)「地域イメージの転換と地域再生の可能性-熱海市・熱海温泉玉手箱を事例として-」、『日本都市学会年報』第44号、pp.50-57、2011年5月、日本都市学会
5.(単著)「観光地におけるブランドの再活性化と市民参加型マーケティング-熱海市の「温泉玉手箱」を事例として-」、『都市研究』第10号、pp.59-79、2010年12月、近畿都市学会
[その他の論文]
1.(単著)「テーマパークのビジネスモデルに関する考察-ハウステンボスの事例から-」『第29回日本観光研究学会全国大会学術論文集』、pp.53-56、2014年12月、日本観光研究学会
2.(単著)「キャリア教育における参加型授業の有効性に関する検討-テキストマイニングによる効果分析」、『太成学院大学紀要』第29号、pp.139-149、2010年3月、太成学院大学
3.(単著)「エンターテインメントの価値」、『太成学院大学紀要』第26号、pp.215-225、2007年3月、太成学院大学
[研究ノート・調査報告]
1.(単著)「負の遺産を有する地域の観光による再生とイメージ変化-水俣市における観光学習とグリーン・ツーリズムの事例」、『日本国際観光学会論文集』第19号、pp.119-125、2012年3月、日本国際観光学会
【口頭発表】
1.(単独)「イメージ調査に基づく奈良県南部地域の観光振興に関する考察」平成28年3月、地(知)の拠点整備事業シンポジウム(奈良県立大学)
2.(単独)「観光まちづくりと地域価値」平成27年12月、第42回交通経済&第76回都市・地域研究会(同志社大学)
3.(単独)「熱海の観光まちづくり-訪れるまちから住むかちへ-」平成27年11月、日本都市学会第62回大会(上越市ホテルハイマート)
4.(単独)「テーマパークのビジネスモデルに関する考察-ハウステンボスの事例から-」、2014年12月、日本観光研究学会第29回全国大会(大阪府立大学)
5.(単独)「名古屋・長者町のまちづくりと価値創造」、2014年10月、日本都市学会第61回大会(同志社大学)
6.(単独)「水俣市における観光振興と地域イメージの変化」、2013年11月、近畿都市学会2013年度秋季大会(熊取交流センター)
7.(共同)”Tourism as a positive force in public process/ natural resources education: an important discussion – perspectives from Japan and Alaska”、2013年8月、2013 National Extension Tourism Conference(Detroit)
8.(単独)「豊島におけるアート観光の展開と地域イメージ」、2011年7月、観光・余暇関係諸学会第3回共同大会(東洋大学)
9.(単独)「地域再生とイメージの転換-熱海市・温泉玉手箱の事例-」、2010年10月、日本都市学会第57回大会(高崎経済大学)
10.(単独)「情報発信力を養うための参加型授業の試み」、2009年6月、日本ビジネス実務学会第28回全国大会(名古屋大学)
11.(単独)「アジア発大型アミューズメント・パークについての考察-韓国エバーランドの事例-」2007年6月、日本観光学会第95回全国大会(東京大学)
最近の研究課題・観光地と住宅地のブランド構築
・地域価値創造
メッセージ無駄だと思っていたことが、後の人生を大きく変えることがあります。失敗したからこそ学べることもあります。本を読む、人に会う、旅をする、・・・すべての経験が人生の糧となり10年後のみなさんを作ります。知的な好奇心を持って色々なことに挑戦してください。
社会貢献活動【審議会委員等】
1.黒滝村総合アドバイザー(2016年4月~)
2.黒滝村総合戦略策定委員(2015年8月~)
3.都市自治体行政の専門性(産業人材育成・起業支援)に関する研究会委員(2015年7月~2016年3月)
4.堺市特定事業検討懇話会委員(2008年9月~2009年3月)
【講演、パネルディスカッション等】
1.「インバウンドの現状と東南アジア諸国の観光政策」、MBSラジオ、2007年7月
2.「職場における異文化コミュニケーション」、中小企業診断協会大阪支部国際部会、2007年4月
3.「テキストマイニングの実務での応用」、韓国SAMSUNG EVERLAND INC.、2007年2月
4.「女性起業家のための基礎知識」、宝塚市、1998年9月
5.「ワーキングスタイル発見セミナー」、大阪府、1997年11月
6.「均等法10年 働き続ける」、豊中市、1995年6月
【経営指導、調査等】
1.袋物製造業の経営指導、大阪市から委託(1997年9月~1998年3月)
2.家族サポートの現状とニーズに関する調査、兵庫県から委託(1997年3月~1997年9月)
【その他】
1.高大連携授業「テーマパークのビジネスモデル-東京ディズニーランドの感動を生み出す仕組み-」、平成28年2月、奈良県立奈良朱雀高校
その他【研究助成】
1.地域志向教育研究「奈良県南部地域における観光振興に向けての調査研究-イメージ分析に基づく課題の抽出」、研究代表、平成27年度
【その他】
1.「地域観光振興と行政の役割-熱海の取組みを事例として-」、文教大学経営学部公共経営論特別講師、2015年6月

お問い合わせ

奈良県立大学事務局総務課総務係

電話: 0742-22-4978

ファックス: 0742-22-4991

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム