ページの先頭です

神吉優美教授

[2018年4月6日]

ID:346

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プロフィール等一覧
担当授業科目コミュニティ計画論(地域計画論)、公共空間デザイン論(地域開発論)、基礎ゼミ
学位博士(工学)
学歴京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了
専門分野福祉住環境計画、住民参加のまちづくり
所属学会日本建築学会、日本福祉のまちづくり学会、人間・環境学会
主な研究業績

【学位論文】
1.『自立高齢者の生活展開からみた養護老人ホームにおける個室・ユニット化導入の効果』京都大学大学院
【著書】
1.「居場所と施設の間をどうつなぐか-①高齢者の場合-」(共著),『福祉のまちづくりの検証』,彰国者,P.64~P.71,2013年
2.「まちづくりは住民参加から住民主体へ-バリアフリー基本構想の住民提案制度を事例として-」,『ライフデザイン学』,誠信書房,P.198~P.200,2013年
3.「ゆるやかにつながって暮らす-コレクティブハウス大泉学園における親子2人での生活-」,『住宅会議No.84』,日本住宅会議,P.21~P.23,2012年
4.「個室・ユニット化で高齢者施設はどう変わる?」,『住宅会議No.70』,日本住宅会議,P.26~P.28,2007年
5.「高齢者施設が変わる-「施設」(病院モデル)から「住まい」(生活モデル)へ-」,『ライフデザイン学入門』,誠信書房,P.163~P.164,2005年
6.「ソンボ団地の人々」,『群居No.38』,群居刊行委員会,P.48~P.52,1995年
7.「新しいタイプのスラム・クリアランス型再開発の試み」,『住宅総合研究財団機関誌すまいろん季刊1994秋号』,新住宅普及会住宅建築研究所,P.58~P.61,1994年
【研究論文】
[審査論文]
1.「バリアフリー基本構想の市民提案制度の課題」,『ライフデザイン学研究第9号』,P57-82,2014年
2.「悉皆アンケート調査からみた東日本大震災における高齢者施設の被災実態および復旧状況に関する考察」,『日本建築学会計画系論文集Vo.78,No.691』,P.1891~P.1900,2013年
3.「乳幼児連れが利用しやすい店舗に関する研究-百貨店・ショッピングセンターを中心として-」,『ライフデザイン学研究第8号』,P.73-84,2013年
4.「公営コレクティブハウジング居住者の入居時期別にみたコミュニティ活動の相違-埼玉県営W住宅を事例として-」,『ライフデザイン学研究第7号』,P.121-P.129,2012年
5.「高齢者居住におけるQOL評価の一手法としての行動観察調査‐養護老人ホーム入居者の生活展開の分析を事例として‐」,『日本生理人類学会誌,No.12(2)』,P.89~P.94,2007年
6.「自治体による住宅改造助成事業の実態および課題-「人生80年いきいき住宅助成事業に関するアンケート調査」を通して-」『兵庫自治学No.13』,P.25~P.30,2007年
7.「個室・ユニット型養護老人ホームにおけるユニット内共用空間の利用実態-個室・ユニット型養護老人ホームにおける入居者の空間利用実態(その1)-」,『日本建築学会計画系論文集No.592』,P.65~P.70,2005年
8.「高齢者居住施設における個室・ユニット化の意義および問題点-個室・ユニット型養護老人ホームへの建替え事例を通して-」,『日本建築学会計画系論文集No.588』,P.47~P.54,2005年
9.「豪雪・過疎地域における在宅高齢者の人的交流に関する研究-高齢者の居住継続成立要件に関する研究(その1)-,」『日本建築学会計画系論文集No.571』,P.69~P.76,2003年
10.「2人部屋養護老人ホーム入居者の同室者との関係からみた空間利用の特性」,『日本建築学会計画系論文集No.549』,P.153~P.159,2001年
【学会役員活動】
1.日本建築学会建築計画委員会高齢者・障がい者等居住小委員会幹事(2014年~)
2.日本福祉のまちづくり学会子育ち・子育てまちづくり特別研究委員会委員(2011年~)
3.日本福祉のまちづくり学会論文査読委員会委員(2006年~)

最近の研究課題当事者参加によるユニバーサルデザインの推進、被災地における生活再建など
メッセージ広く専門的な知識に加えて、自分で考える力、相手の考えを聞く力、自分の考えを相手に伝える力、自主的に行動する力を身に着けて、社会に飛び立ってもらいたいと思っています。
社会貢献活動【審議会等】
1.全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会シルバースター認定審査会委員(2011年~)
2.調布市バリアフリー推進協議会・副会長(2011年~)
3.奈良県西の京県有地活用整備事業者選定審査委員会委員(2015年~)
【研修等の講師】
1.大阪市認知症介護実践者研修講師(2014年~)
2.兵庫県認知症介護実践者研修講師(2006年~)
3.京都府ユニットケア施設研修講師(2015年~)
【海外での講演】
1.「日本の高齢化と高齢者施設の変遷」,International Elderly Housing Development and Architecture Design Forum,上海,中国,2012年
2.「高齢者施設の変遷」,北方工業大学建築工程学院,北京,中国,2011年
その他

お問い合わせ

奈良県立大学事務局総務課総務係

電話: 0742-22-4978

ファックス: 0742-22-4991

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム