ページの先頭です

「第8回なら観光シンポジウム」が開催(結果報告)

[2017年1月28日]

ID:214

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域交流室

2015年10月3日 「第8回なら観光シンポジウム」が開催されました

平成27年10月3日(土)、奈良春日野国際フォーラム甍2階レセプションホールにて、「第8回なら観光シンポジウム」(主催:奈良信用金庫・奈良県立大学)を開催しました。

8回目を数える今回は、「春日山原始林」を共通のテーマとした3部構成で行われ、第一部は、前春日大社権宮司で本学客員教授の岡本彰夫氏が、日本を代表する神山である春日山の信仰と歴史について基調講演をされました。
続く第二部では、本学の伊藤忠通学長がコーディネーターを務め、万葉文化館主任研究員の井上さやか氏、奈良県立大学教授の西田正憲氏、第一部に引き続き岡本彰夫氏を迎えて、パネルディスカッションが行われ、春日山に関する歴史や文化、資源といった様々な観点から意見が交わされました。
昼食を挿んで第三部は「体験ウォーク」となっており、参加者は春日山にちなんだコースを実際に歩いて、その自然を満喫しました。
晴天にも恵まれ、私たちの身近にある春日山を学び、体感するまたとない機会になったと思われます。

基調講演の様子

岡本彰夫氏(本学客員教授)の基調講演

パネルディスカッションの様子

「春日山原始林」をテーマにパネルディスカッション

お問い合わせ

奈良県立大学地域交流センター地域交流室

電話: 0742-93-7022

ファックス: 0742-93-7369

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム