ページの先頭です

「第2回かしば産業展」における県大生の活動報告

[2017年2月16日]

ID:146

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域交流室

2016年3月10日 「第2回かしば産業展」における県大生の活動報告

平成28年3月6日(日)、香芝市内企業と来場者の交流・ふれあいの場を提供する「かしば産業展」が香芝市ふたかみ文化センターにて開催されました。

この産業展は、香芝市の産業、商工業の情報を幅広く発信することにより、香芝市の産業振興につなげることを目的としており、当日は香芝市の企業や飲食店などを中心とする69のブースが出店され、それぞれの企業の特色を活かしたワークショップやお仕事体験などが実施されました。

また、奈良県立大学と香芝市は、平成27年6月に包括的連携協定を締結しており、観光創造コモンズ2回生チームは、香芝市役所や関係者の方々とともに、「かしば産業展」の企画・打ち合わせ段階から諸会議に参加させていただきました。
産業展のサブタイトル、館内のエリア名、産業展の広告内容を考えるなど、イベントを実施するまでの準備や打ち合わせに学生が関わる機会をいただき、学生にとってとても貴重な体験となりました。また、奈良県立大学の出展ブースにおいて来場者の方々に「香芝の魅力」について付箋に書いていただき、それらをホワイトボードに張り付けていき「カシバ」の文字をつくるといった学生企画も実施しました。

ステージプログラムでは麻生憲一教授による奈良県立大学の観光事業の発表があり、奈良県立大学が産業展に産学連携で参加しているということで、学生がステージに上がり研究成果を発表する機会をいただきました。当日は、奈良県立大学3回生による香芝の観光調査も行われ、3回生がつくった香芝市のゆるキャラ、カッシーを用いた観光マップのシールを配布し、香芝市の観光と産業振興のための活動を実施しました。

天候に恵まれたこともあり、産業展には多くの方々に来場していただくことができました。産業展というイベントを作り上げていく過程に参加することができ、学生にとってはよい勉強の機会となりました。

イベントに参加させていただいた学生一同、今後とも香芝市の産業・観光振興をはじめとする様々な事業活動に関わることができればと思っています。

(観光創造コモンズ 出口栄美)

県大ブースの様子

県大ブースより、
「たくさんの方のご来場をお待ちしています」

ステージ発表の様子

麻生憲一先生とコモンズ学生による
ステージ発表

ホワイトボードに張る様子

アンケートにご協力いただきました

多くの方で賑わう様子

終日、多くの方で賑わいました

お問い合わせ

奈良県立大学地域交流センター地域交流室

電話: 0742-93-7022

ファックス: 0742-93-7369

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム