ページの先頭です

桜井市で「協働セミナー」開催される

[2016年12月20日]

ID:120

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域交流室

2016年12月20日 桜井市で「協働セミナー」開催される

平成28年11月9日(水)、桜井市のまほろばセンター2階の市民活動交流拠点において、本学コミュニティデザインコモンズの佐藤由美准教授の、『少子高齢化に対応した自律的コミュニティの形成に向けて』をテーマとした講演を中心に「協働セミナー」が開催されました。

冒頭、桜井市の井上総務部長から日頃桜井で活動している教員や学生に対して労いとお礼のご挨拶があり、協働プロジェクトの進捗や市としての取組等についてのお話しがありました。
その後、佐藤准教授の講演に移り、少子高齢化による人口構造の変化から、都市における地域コミュニティの課題として、地域包括ケアシステムの構築や地域住民が課題解決に向け主体的に取り組む自律的コミュニティの形成が重要となってくるとの解説に続き、昨年、桜井市の自治会等を対象に行ったアンケートの分析結果を詳細に説明されました。
また、大阪や横浜の大規模団地におけるコミュニティ再生や“互助”の取組事例の紹介、桜井市での活動の報告があり、最後に協働によるまちづくりにおいては、自律的コミュニティの実現に向けた主体の確立、様々な地域資源の活用、「エリアマネジメント」の発想などが課題であると結ばれました。
参加された方々においては、直面する身近なテーマであったこともあり、質疑応答や意見発表も積極的で、終始熱心に受講されていました。

今後も桜井市における同コモンズの活動に注目したいと思います。

井上総務部長

冒頭挨拶される桜井市の井上総務部長

佐藤准教授

講演される佐藤准教授

参加者の様子

熱心に受講される参加者

お問い合わせ

奈良県立大学地域交流センター地域交流室

電話: 0742-93-7022

ファックス: 0742-93-7369

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム